先日偶然薬事申請業務の派遣の募集を見かけた…

製薬メーカーの仕事と言えば、薬の研究開発をしている人たちと、医師や薬剤師に対して薬を売り込むMRという人たちがいるというイメージではないでしょうか。
しかし、こういう人たちだけではなく、厚生労働省に対して医薬品や医薬部外品を販売を認めてもらうための書類を作成する薬事申請業務というものもあります。
派遣で募集している仕事についてずっと眺めていたら、薬事申請業務の募集があったので、どういうものなのかということについて調べることにします。

薬事申請って複雑そうだけど派遣でも募集してるとは…

薬事申請業務は製造した医薬品や医薬部外品を日本国内外に販売するために、どうしても厚生労働省に対して認めてもらう必要があります。
海外の製薬メーカーで販売している医薬品や医薬部外品を日本で販売したいという時にも、同様のことをやらなければいけないです。
認めてもらえなければ、せっかく研究製造などに時間を掛けて分が水の泡になりますので、何よりも認めてもらうためにいろいろ細かく客観的なデータを集めて、科学的な根拠や安全性を書類上で示すことが求められます。

薬事申請自体は専門的な仕事なので、派遣で募集をしていたとしても経験が何よりも求められます職種です。
薬剤師の資格が求められるわけではありませんが、持っていた方が専門的な知識を活かすことが可能でしょう。
さらに、英語での読み書きをする機会がありますので、そういう力があったほうが望ましいです。

薬事申請は専門的な仕事なので求めるスキルはかなり大きいですが、そのアシスタントであれば営業力があって、多少薬のことを知っていれば派遣でも十分にチャンスがあります。

あまり馴染みがなかったけどすごく身近な存在だと気付く

薬事申請業務は一般の人からするとあまり馴染みがないでしょう。
そういう仕事をしている人をなかなか見ることがありませんので、そういう仕事を知る機会に恵まれないことが多いです。

薬事申請は病院で使われている薬だけでなく、ドラッグストアなどで売られている薬や化粧品、医療機器においても必要になります。
身近で販売されている薬は製薬メーカーがいろいろと申請するための書類を作った結果、まず間違いなく厚生労働省が承認したものです。
販売するためにいろいろなデータを取ったり、安全性があることの証明をした結果として、現在いろいろな場所で販売されています。
薬の販売のために非常に重要なポジションだと言えます。

薬事申請という仕事が製薬メーカーにとって重要だということが分かれば、少しは身近に感じるのではないでしょうか。
厚生労働省に認めてもらわなければ、世に薬を出すことができないわけですので、この仕事は製薬メーカーにとって売上を左右します。

PRサイト
薬事申請分野の翻訳はコチラにご相談『ボンズ・インターナショナル』
ホームページアドレス:https://www.bonds-inter.com/
電話番号:03-5701-5953
住所:東京都目黒区中根2丁目1−15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です